カテゴリー別アーカイブ: Mac

GPGTools for Mac OS X

GPGTools が新しくなり ver. 2.0がリリースされたようです。これはGnuPG (GNU Privacy Guard)をMac OS X向けにコンパイルし、コマンドラインツールのみならず、GUIやMail.appなどのプラグインとしてMac OS Xの機能を拡張するものです。

暗号化や署名、復号化や検証などGnuPGが提供する機能を全てMac OS XのGUIで違和感なく実現されており使いやすいツールになっています。

Mac OS Xに拡張されるものは主に次の4つです。

  1. Mail.appのプラグイン(暗号化、復号化、署名、検証を行う)
  2. GPG Keychainアプリ(秘密鍵、公開鍵の管理)
  3. Finderの拡張(ファイルの暗号化、復号化、検証を行う)
  4. コマンドラインツール(gpgコマンド本体)

気軽に公開鍵環境を利用できる便利なツールではないでしょうか。

Virtualboxの自動起動 for OS X

Virtualbox 4.2.16がリリースされました。このリリースからMacのOS Xでの自動起動がサポートされています。

自動起動を行うには、まずlanchdにVirtualboxのサービスを登録します。

  1. /Applications/VirtualBox.app/Contents/MacOS/org.virtualbox.vboxautostart.plistを /Library/LaunchDaemons にコピーします。
  2. /Library/LanchDaemons/org.virtualbox.vboxautostart.plistを編集し、<key>Disabled</key>を<key>Enabled</key>に変えます。
  3. sudo launchctl load /Library/LaunchDaemons/org.virtualbox.vboxautostart.plist でlaunchdに登録します。

次に自動起動を許可するユーザを設定します。

  1. /etc/vbox/autostart.cfg を編集します。 exception_listに自動起動を許可したいユーザ名をカンマ区切りで書きます。その後各ユーザ毎に <ユーザ名> { allow = true } を記述します。例えばaliceとbobに自動起動を許可する場合は次のようになります。

default_policy = deny
exception_list = alice, bob
alice = { allow = true }

bob = { allow = true }

最後に各ユーザの権限で、自動起動したい仮想マシンを選択します。

  1. VBoxManage modifyvm <仮想マシン名> –autostart-enabled on

以上を設定し、Macを再起動すると指定した仮想マシンが自動起動されます。このときVBoxHeadlessで起動されます。

Java7 update7リリース

Ocale より Java7 Update7がリリースされました。Mac用にもリリースされていますが、インストール後にJava Preferencesで切り替えないと新しいものが使用されません。

インストール後は忘れずに切り替えましょう。

Virtualbox 4.1.20 リリース

Virtualbox 4.1.20がリリースされました。細かい修正が多いようですが、ICH9チップセットのバグが修正されましたので、NetBSD 5.1.2のゲストをICH9で起動できるようになりました。

ちなみにOS X Moutain Lionへの適合というのはインストーラに開発者の署名がついたことのようです。

OS X のデフォルトのセキュリティ設定でインストーラを起動できるようになりました。

Virtualbox 4.2 BETAでのAutostart

Virtualbox 4.2 BETAで仮想マシンの自動起動ができる可能性が追加されました。Mac OS Xで試した限りでは可能性にすぎず、現在のところ自動起動はできないようです。

UserManualのP.175に自動起動させるための方法が記載されていますが、次のコマンドがMac OS Xでは未サポートのため、動作しません。

$ VBoxManage setproperty autostartdbpath <Autostart directory>

Virtualboxのソースコード上もsrc/VBox/Main/src-server/generic/AutostartDb-generic.cpp のsetAutostartDbPath()関数がLinux以外では未サポートになっているようです。