Virtualbox 5.0

Virtualbox 5.0 がリリースされました。Changelogによると新規に追加された機能は次の通りです。

1.  時刻合わせと性能向上のための準仮想化

ゲストに応じて次の準仮想化が使えます。FreeBSD Guest の場合 GENERIC カーネルに含まれる vmbus ドライバが組み込まれていれば準仮想化が効いているはずです。

  • Linux Guest : KVM
  • Windows Guest : Hyper-V
  • FreeBSD GUest : Hyper-V

 2. ゲストが使用できる命令セットの追加。

ホストCPUがサポートしている場合に以下を利用可能です。

  • SSE 4.1, SSE4.2, AVX, AVX-2, AES-NI, POPCNT, RDRAND, RDSEED

3. USB3 サポートのための xHCI

4. 双方向ドラッグ&ドロップ。

Windows, Linux, Solaris で可能です。

5. ディスクイメージの暗号化

拡張パックが必要です。AESによる暗号化がサポートされました。

6. 仮想マシンをセパレートモードで起動可能。

予めデータッチモードで起動することにより画面をアタッチ・デタッチできるようになりました。

7. ゲストのウィンドウサイズ変更

8. ステータスバー・メニューバーのカスタマイズ

9. ディスクイメージ暗号化の設定タブを追加。

10. HiDPI サポート

特にRetina Mac用の機能です。

11. SATAディスクのホットプラグ